機能・動作環境について

01 Product Guide

機能ガイド

設計条件

積算には欠かす事のできない間接工事費。条件を選択するだけで設定できます。「解説」ボタンにより詳細な説明も表示されます。

印刷設定

印刷項目にチェックを入れるだけです。
労務・資材などの総括表も出力できます。
帳票は全てEXCELに出力、計算式を組み込むこともできます。
土木積算システムが無くてもEXCELデータとして設計書を送付することができます。

入力画面

見慣れた積算体系から、簡単操作で概算工事費を積み上げることができます。

積算体系から選択するだけで工種、種別、細別のツリーを作成することができます。

設計書内の単価一覧表示および修正機能

積み上げ時に使った単価(労務、材料など) の一覧を表示し、その場で修正できます。

代価検索

標準代価が登録されており選択するだけです。
新土木積算体系の細別名に合わせての代価検索機能もあります。

単価の根拠印刷

建設物価及び積算資料単価の掲載ページが代価表等の概要欄に表示されます。
建設物価と積算資料の安値や平均単価の
採用根拠を印刷できます。

日数計算・概算工程(オプション)

日作業量の情報を持たせてあり、概算工程の把握が簡単にできます。
マウスでドラッグして並べ替えることで、簡単に全体工程を把握できます。
作業日数の計算の算出根拠も印刷できます。

数量計算書連動

国交省様式の数量計算書やEXCELで作成された数量計算書(指定様式)を読み込むことができます。
読み込んだ後は、積算システムで必要な代価を選択すればスムーズに積み上げができます。

工法比較・単価調査

「杭の打ち込み単価を調べたい」
「代価表のみを見たい」
など積み上げ作業とは別に、
単独で単価調査のみを行える機能です。

EXCEL計算式(オプション)

EXCEL出力に計算式を追加します。
単価や数量の変更を行えば、EXCELシート内で再検査されます。
直接工事費はもちろん、諸経費率も自動計算されます。

その他の便利機能

変更設計書

変更設計書が簡単に作成できます。
変更設計書は変更前後を2行で表示できるため、変更点のチェックが容易に行えます。
また、金抜き設計書や合算設計書などにも対応可能です。

試し計算

直接工事費はいくらになるか、逆算できます。
これにより大まかな工法選定の目安となり、後の工法変更などの見直し作業が減少します。

水替日数の算定

工事価格又は種別により水替日数が算定できます。

他の設計書からのコピー

過去に作成した設計書と合体できます。

重機運搬費の自動計算

運搬距離、トン数などの入力で自動計算します。

データベース共有機能

マスタデータ(単価、代価)は、スタンドアロンでもネットワークでも利用できます。共同作業での単価統一など、まちがい防止や、データ作成の効率化が図れます。
マスタデータを共有すれば全員が同じ単価で運用することができます。

基本単価について

単価種類として、10種類の単価を登録可能です。建設物価及び積算資料の材料単価データを読み込み、両者の平均値又は安価等を自動的に設定します。(単価サポート契約ユーザーのみ)
印刷には各単価の掲載ページ及び採用根拠が出力されます。

0円チェック機能

単価が0、数量が0の項目一覧を表示し、その場で修正ができます。

単価更新機能

過去に作成した設計書データを読み込み、単価更新機能で一気に最新単価に更新することができます。

施工パッケージに対応

施工パッケージ型積算では歩掛りの公表は無くなり、機械・労務・材料の構成比と標準単価の公表から地区単価を補正するようになりました。
条件選択するだけで、施工パッケージ型の単価を作成できます。

他の設計書からのコピー

手分けして作成したり、過去に作成した設計書と合体できます。

02 Specification Environment

動作環境について

SUPERESCONPlusは、「LAN環境」「スタンドアロン環境」と使用環境に応じて2種類のご提供が可能となっています。
ライセンス認証は、すべてWEB認証となりますので、インターネット環境は必須となります。
1ライセンスあたり2チケット(ボリュームライセンス)の提供をさせていただいております。

LAN環境

LAN環境の場合は、フローティングライセンス※に対応しており、1ライセンスの契約であれば、LANにつながっているPCの中で同時接続2台使用可能になります。

スタンドアロン環境

※各PCともライセンス認証のため、インターネットへの接続が必要となります。
※各PC単位でライセンス解除/認証が必要です。
※ご購入いただいた1つの製品に対してチケットを2枚付与いたします。
BCP対策や急な災害対応でも利用できます。チケット数は導入いただいた製品を同時に起動できる台数になります。

適用基準・参考文献

  • 国土交通省土木工事積算基準(国土交通省)
  • 国土交通省土木工事標準積算基準書(国土交通省)
  • 施工パッケージ型積算方式標準単価表(国土技術政策総合研究所)
  • 建設機械等損料表(日本建設機械施工協会)
  • 橋梁架設工事の積算(日本建設機械施工協会)
  • 橋梁撤去技術マニュアル(北陸橋梁撤去技術委員会)
  • 下水道用設計標準歩掛表(日本下水道協会)
  • 推進工法用設計積算要領「小口径管推進工法 高耐荷力管推進工法編」(日本推進技術協会)
  • 推進工法用設計積算要領「小口径管推進工法 低耐荷力管推進工法編」(日本推進技術協会)
  • 推進工法用設計積算要領「鋼製管推進工法 鋼製さや管推進工法編」(日本推進技術協会)
  • 推進工事用機械器具等損料率参考資料(日本推進技術協会)
  • 水道事業実務必携(全国簡易水道協議会)
  • 土地改良工事標準積算基準(農林水産省)
  • 農業集落排水施設標準積算指針(地域環境資源センター)
  • 治山林道必携(日本治山治水協会、日本林道協会)
  • 公園・緑地の維持管理と積算(経済調査会)
  • 造園修景積算の手引き(建設物価調査会)

まずはSUPER ESCON Plusを知りたい、どういったものかを確認したいなど資料請求の方はこちら